日々是活き生き暮らし歳時記

  1. TOP>
  2. 季節の行事
  3. 神無月の由来

歳時記ブログ

季節の行事

ブログ一覧を見る

神無月の由来

2012年10月01日

神無月(かんなづき)は、旧暦で10月のこと。「かみなづき」「かむなづき」とも言います。でも、あるところでは「神在月」(かみありつき)と逆の意味で呼ばれています。さて、それはなぜでしょうか?

 

七福神.jpg


 

■「神無月」と「神在月」について
10月は全国の八百万の神様が、一部の留守神様を残して出雲大社(島根県出雲市)へ会議に出かけてしまうと考えられてきました。
その為、神様が出かけてしまう国では神様がいないので「神無月」、反対に出雲の国(島根県)では神様がたくさんいらっしゃるので「神在月」というわけです。
また、「神無月」の無を"の"と解して「神の月」とする説もありますが、「神無月」も「神在月」も、神々が集う大切な月という意味です。

 

 

■会議では何を話し合っているの?
年に一度、出雲大社に集まった神様たちは、人の運命や縁(誰と誰を結婚させようか)などを話し合います。遠く離れた者同士が知り合い、結婚するようなことがありますが、この会議の結果なのかもしれませんね。その為、出雲大社は縁結びの総本山でもあります。
また、来年の天候、農作物や酒の出来なども話し合われているそうです。
できるものなら、傍聴してみたいですね。

 

 

■会議の場所が出雲大社なのは?
出雲大社の祭神は大国主神(おおくにぬしのかみ)。天を象徴する天照大神(あまてらすおおみかみ)に対し、大地を象徴する神様です。
大国主神にはたくさんの子どもたちがおり、その子どもたちを全国各地において国を管理させました。そして、子どもたちが年に一度出雲大社に戻り、その年の報告や来年の相談をしたのです。やがて、他の神様も一緒に出雲に集まるようになったといわれています。

 

 

■十月の神様の出張スケジュール


出雲大社.png

 

 ・10月1日:「神送り」出雲に出発
       各家庭で、旅立つ神様にお弁当としてお餅やお赤飯を供えます。
・10月10日:「神迎え」出雲に到着
       出雲の国・稲佐の浜で神様を迎え、出雲大社へ向かいます。
・10月11日~17日:「神在祭」(かみありさい)
        神議(かむはかり)という会議をします。
       出雲大社では、会議処である上宮で祭りを執り行います
       また、神々の宿泊所となる境内の19社でも連日祭りが行われます。
・10月17日:「神等去出祭」(からさでさい)
        出雲大社から出発、出雲の国へ。
・10月26日:「第二神等去出祭」
        出雲の国から出発。再び出雲大社でお祭りをします。
・10月末日:「神迎え」帰宅 
        各家庭でお餅や作物を入れたすいとんなどを供えます。


※日付けは旧暦。出雲大社では旧暦で神を迎える行事が行われています。
※地方によって行事内容や日付けが異なる場合もあります。

 

こうしてみると、十月いっぱい島根県以外は、全国的に神様がいなくなってしまうんですね。

 

 

■留守神様って?
全ての神様が出雲に出かけてしまうのではなく、留守番をする神様がいます。


恵比須さん.png

 

代表的な神様が「恵比須神」(えびすしん)。またその他には「金毘羅神」(こんぴらしん)、竈神」(かまどしん)、「道祖神」(どうそじん)などがいます。
こうした留守神様を祭るために、十月に「恵比須講」(えびすこう)を行う地方も多くあります。
多くの神様が留守の間にも、ちゃんと留守神様が私たちを守ってくれているんですね。

コンテンツ一覧

私の根っこプロジェクトとは

歳時記ブログ