歳時記にまつわる食の情報と、今も伝わる旬の味わいなどをご紹介します。

季節の行事

カテゴリ一覧を見る

2015年09月15日

敬老の日

9月の第3月曜日は、敬老の日。長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う国民の祝日です。
各地で敬老にちなんだ行事が行われ、家庭では、父母や祖父母をねぎらってお祝いを贈ったり、ごちそうを作ったりします。

 

 老夫婦 立ち(フォトリア).pngのサムネイル画像

 

 

■「敬老の日」の由来と変遷
敬老の日といえば、9月15日を思い浮かべる方も多いはず。1951年、全国社会福祉協議会により「としよりの日」が制定されたのが始まりで、老人福祉法の制定に伴って「老人の日」と改称され、1966年に9月15日が「敬老の日」として国民の祝日になり、親しまれてきたからです。

 

その後、祝日法改正(いわゆるハッピーマンデー法)によって、2003年から「敬老の日」が9月の第3月曜日に変更され、老人福祉法の改定によって9月15日は「老人の日」、9月15日~21日は「老人週間」となりました。

 

9月15日の由来は、593年に聖徳太子が身寄りのない老人や病人のための救護施設「悲田院」を設けた日といわれていますが、諸説あります。

 

 
■ところで何歳からが老人?
老人の捉え方は人によって様々です。心身共に若々しく老人と呼ぶのは憚られる方もたくさんいます。よく「もう○○が受けられる年齢だから」などと言いますが、一般的には何歳からが老人なのでしょうか?
身近な例では、映画のシニア割引が60歳以上、東京都のバスや地下鉄に適用されるシルバーパスは70歳以上、JR各社では50歳ぐらいから各種割引があります。

 

以下は参考までに・・・
・国連の世界保健機構(WHO)の高齢者の定義
 65歳以上で、65~74歳 ⇒ 前期高齢者
 75~84歳 ⇒ 後期高齢者
 85歳以上 ⇒ 末期高齢者


・日本の行政制度では
 老齢基礎年金は原則65歳から支給
 介護保険制度の第1号被保険者は65歳以上
 税制上の老人扶養親族は70歳以上
 長寿医療制度(後期高齢者医療制度)は75歳以上
となっていますが、これからもっと高齢化が進むと、変わっていくかもしれません。

 

いずれにしても、大切なのは、お年寄りに対して労りや感謝の気持ちを表すこと。食事会を開く、贈り物をする、家事を手伝う、住環境をバリアフリーにするなどその方法は様々です。各地で敬老にちなんだ行事が催されることも多く、敬老の日を通じて高齢者をとりまく社会問題を考えるきっかけにもなるでしょう。

 


■節目の年齢をチェック!
還暦以降、節目の年齢ごとに長寿を祝う風習(算賀、賀寿、賀の祝、年祝い、長寿祝いなど)があります。本来は数え年※でお祝いをしますが、現在は満年齢で行う方も多く、誕生日や敬老の日にお祝をしています。

 

※数え年......現在のように誕生日になって1つ年を加えるのではなく、生まれた年が1歳、翌年の正月に2歳と、年を越すたびに1歳を加える年齢の数え方。同年の1月に生まれた人も、12月に生まれた人も、年を越したら1つ年を加えます。

 

【還暦】(かんれき) 60歳(数え年61歳)
還暦で生まれた年の干支にかえってくるため、生まれ直すととらえて祝福します。赤ちゃんの産着にちなんで、赤いちゃんちゃんこと頭巾を贈り、長寿や無病息災を祈ります。赤は魔除けにも通じる色です。
【古希】(こき) 70歳
杜甫の詩句「人生七十古来希なり」に由来。
【喜寿】(きじゅ) 77歳
喜の草書体が七十七と見えることに由来。
【傘寿】(さんじゅ) 80歳
傘の略字が八十と書くことに由来。
【米寿】(べいじゅ) 88歳
米の字が八十八と書くことに由来。
【卒寿】(そつじゅ) 90歳
卒の略字が九十と書くことに由来。
【白寿】(はくじゅ) 99歳
百から一を引くと白になることに由来。

 

老夫婦 横向き(フォトリア).pngのサムネイル画像

 

今や日本は世界屈指の長寿国!元気で長生きしてほしいですね。また、長寿を祝福すると周囲の者も長寿にあやかれるそうですよ。

 


■長寿にあやかった縁起のよい贈り物
【長寿桑】(ちょうじゅくわ)
桑は長寿の木といわれ、桑の木でできた器や箸を使うと長生きできるそうです。古くから、桑の葉は薬草とされてきました。


桑(フォトリア).png

 

【日本酒】
「酒は百薬の長」とよくいわれますが、日本酒には「鶴」「菊」「千歳」など、長寿にまつわる字のつく銘柄が多くあります。おじいちゃん、おばあちゃんに、程よい晩酌でリラックスしてもらうのもいいですね。


日本酒(フォトリア).png

 

【健康グッズ】
9月のこの頃は、早朝、外を歩くと爽やかな季節です。万歩計とお洒落なウォーキングシューズ、ウォーキングウエアのセットなどはいかが。

老夫婦 ウオーキング(フォトリア).jpg

 


■長寿の秘訣
秘訣1
腹八分目を守り、バランスのよい食事をする。
秘訣2
毎日歩いて筋力をつけ、休憩も適度にとる。
秘訣3
酒は百薬の長。ほどほどにたしなむ。趣味を大切にするのもよし。

ご長寿の方にあやかるのもよいけれど、まずは自己管理が大切ですね。

ページトップへ