歳時記にまつわる食の情報と、今も伝わる旬の味わいなどをご紹介します。

季節の行事

カテゴリ一覧を見る

2018年05月01日

京都三大祭り「葵祭」

5月の葵祭(あおいまつり)、7月の祇園祭(ぎおんまつり)、10月の時代祭(じだいまつり)が「京都三大祭り」といわれています。中でも・・・

続きを読む

2018年04月16日

八十八夜

八十八夜は季節を知らせる雑節のひとつ。立春から数えて88日目の日を指し、毎年5月2日頃がこの日に当たります。「八十八夜の別れ霜」と・・・

続きを読む

2017年09月13日

十五夜、十三夜、十日夜

  空が澄み、お月見にぴったりの時季となりました。お月見といえば「十五夜」の「満月」を思い浮かべますね。十五夜とは本来は満月のこ・・・

続きを読む

2016年09月30日

神無月の由来

神無月(かんなづき)は、旧暦で10月のこと。「かみなづき」「かむなづき」とも言います。でも、あるところでは「神在月(かみありつき)・・・

続きを読む

2015年08月27日

八朔

旧暦8月1日は「八日朔日」を略して「八朔」といいます。この時期に田んぼでは早稲(わせ)の穂が実ることから、本格的な収穫を前に「豊作・・・

続きを読む

2015年07月09日

祇園祭

祇園祭は京都府京都市にある八坂神社の祭礼で、日本を代表する夏祭りのひとつです。山鉾行事はユネスコ無形文化遺産にも登録され、神田祭(・・・

続きを読む

2015年07月01日

朝顔市

朝顔市は、ほおずき市と並ぶ夏の風物詩です。朝顔市の朝顔は、青やピンクなど3~4色の大輪の花が一鉢に咲くように寄植えされた「あんどん・・・

続きを読む

2013年07月01日

半夏生(はんげしょう)

 夏至(6月21日頃)から数えて11日目の7月2日頃から七夕(7月7日)頃までの5日間を半夏生といいます。田植えは半夏生に入る前に・・・

続きを読む

カテゴリ一覧を見る

ページトップへ