日々の便り

2017年04月07日

「花祭り」の由来と、身近な言葉にある仏教由来の意外な意味

4月8日または月遅れの5月8日には「花祭り」が行われます。
正式には「灌仏会(かんぶつえ)」、「仏生会(ぶっしょうえ)」と呼ばれる行事で、仏教の開祖、お釈迦様の誕生日とされています。
花いっぱいの「花御堂」にお釈迦様の誕生の姿を表した「誕生仏」が飾られ、その頭上から甘茶をかけてお参りしますが、この日に振る舞われた甘茶を飲むと、無病息災になるといわれています。なぜ誕生仏に甘茶をかけるのか。また、誕生仏の姿が表す教えについてなど、詳しくはこちらをご覧ください。
【暮らしを彩る年中行事】灌仏会
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/sonohoka/kanbutsue/

pixta_2315339_S灌仏会.jpg

日常ではあまり接点がないように思える仏教ですが、実は身近な言葉の語源になっていることも多く、私たちの生活に深く根付いています。例えば、「有頂天」は、仏教の三界(無色界、色界、慾界)の頂点(無色界)を指し、調子に乗って良い状態から落ちないように戒める意味があります。「ありがとう」は、たくさんの生き物の中で人間に生まれるのは非常に確率の低い「有り難い」ことなので、人として生まれたこと自体に感謝しなさいという教えによるもの。他にも「経営」(自分自身をどう生かすかという仏教用語)、「往生」(極楽浄土に往って生まれ変わるという意味)、「玄関」(奥深い仏の道への入口という意味)なども仏教由来の言葉です。

また、4月9日からは、七十二候の「鴻雁北(こうがんかえる)」です。燕が南からやってくる季節には、北に帰っていく鳥もいます。雁もそういう渡り鳥で、夏場をシベリアで過ごすため、渡っていきます。

【暮らしを彩る年中行事】灌仏会
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/sonohoka/kanbutsue/
【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/

ページトップへ