日々の便り

2017年07月05日

早起きしたい「朝顔市」。夏の縁起もの「ほおずき市」

各地で開かれる「朝顔市」や「ほおずき市」は夏の風物詩。東京入谷の朝顔市、東京浅草・浅草寺のほおずき市は有名ですが、全国各地で早朝から朝顔やほおずきを売る出店が立ち並びます。

東京・入谷の朝顔市は、入谷鬼子母神を中心に、言問通り沿いに市が立ち、毎年大勢の人で賑わいます。朝顔の中国名「牽牛花(けんぎゅうか)」にちなみ、牽牛といえば七夕伝説に出てくるあの牽牛、ということで七夕を挟んで6日から8日までの3日間開催されます。江戸時代、入谷は腕の良い植木職人がたくさんいた朝顔の名所でした。

pixta_20402493_S.jpg

そして、東京浅草・浅草寺では7月9日・10日にほおずき市が開かれます。この日は、一日お参りしただけで「四万六千日」お参りしたのと同じ功徳を得られるという「功徳日」。ほおずきは厄除けとして、また、その赤い色は雷様が苦手な色だとされ、夏の雷除けの縁起物となりました。浅草寺では、ほおずき市の2日間だけ「雷除札」(雷除けの御札)がいただけます。
ほおずきを漢字で書くと「鬼灯」。その形はお盆にご先祖様が帰ってくるときの道を照らす提灯に見立てられ、盆棚に飾ったりします。

お近くで朝顔市やほおずき市が開かれるようでしたら、足を運んでみてはいかがでしょう。

【季節の行事】朝顔市
http://www.i-nekko.jp/gyoji/2015-070110.html
【暮らしの中の歳時記】ほおずき市
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2016-062810.html

ページトップへ