日々の便り

2017年09月17日

七十二候「玄鳥去」。深まる秋にツバメたちが旅立つ頃

9月18日からは七十二候の「玄鳥去(つばめさる)」になります。ツバメが子育てを終え、南へ帰ってゆく頃。来春も元気な姿がたくさん見られると良いですね。

pixta_8317248_M【縮小】.jpg

また、春分と秋分に最も近い戊(つちのえ)の日は、雑節のひとつ「社日」です。9月18日は、秋分の日に近い秋の社日、「秋社」。秋社では初穂を供えて収穫に感謝する習わしがありますが、各地で行われる行事の形はその土地の神様によってさまざまです。

それから、今年は9月の第3月曜日の「敬老の日」が18日にあたります。長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い、長寿を祝う国民の祝日です。母の日や父の日は外国発祥ですが、敬老の日は日本生まれ。お年寄りを敬う日本人の気持ちの表れといえます。

日本には、節目の年齢ごとに長寿を祝う風習もあります。「還暦」「古希」「喜寿」「傘寿」「米寿」「卒寿」「白寿」などの節目がありますが、皆さまは、それぞれ何歳を表しているかご存知ですか?今や日本は世界屈指の長寿国ですが、「健康で長生き」であることが一番です。健康を気遣い、年齢に負けず、いつまでも元気でいてほしいですね。

【季節のめぐりと暦】七十二候
http://i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【暮らしを彩る年中行事】敬老の日
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/sonohoka/keirou/index.html
【暮らしの作法】長寿祝い
http://www.i-nekko.jp/sahou/tsuukagirei/choujyu/index.html

ページトップへ