日々の便り

2017年12月30日

煩悩を払う除夜の鐘、百八回目は新年に響く

12月31日は「大晦日」。月末最後の日を晦日(つごもり、みそか)と呼ぶので、一年最後の晦日を「大つごもり」ともいいます。

年越しの風物詩といえば「除夜の鐘」。年神様を迎える前にお祓いとして、怒りや嫉妬など人間にある108の煩悩を鐘の音で祓うため108回つくといわれています。他に十二か月と二十四節気と七十二候を合わせた数で108という説もあります。一般的には、107回は旧年の内につき、残りの1回は新年につくそうです。

pixta_5407673_s除夜の鐘.jpg

そしてもう一つの風物詩は「年越しそば」。月末にそばを食べる「みそかそば(晦日蕎麦/三十日蕎麦)」という風習が大晦日だけに残ったもので、江戸時代の町人の間で始まったといわれます。そばのように細く長く長寿であるように、また、そばは切れやすいので苦労と縁が切れる、運気が上がるなど、縁起の良いいわれがあります。諸説ありますが、年を越してから食べるのは縁起が悪いとされていますので、除夜の鐘が鳴り終わらないうちに食べましょう。

2017年もあっという間に過ぎましたが、この一年、「暮らし歳時記」のサイト及びFacebookをご覧いただいた皆さま、たくさんの「いいね!」やシェアを本当にありがとうございます。来年も「私の根っこプロジェクト」をどうぞよろしくお願いいたします。
それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。

【暮らしを彩る年中行事】お正月
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/oshougatsu/
【暮らしを彩る年中行事】大晦日
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/oshougatsu/oomisoka/

ページトップへ