日々の便り

2018年02月23日

七十二候「霞始靆」は春霞たなびく頃。梅の花も見ごろに

2月24日からは七十二候の「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」。春霞がたなびき始める頃という意味です。都会では春霞といってもピンとこないかもしれませんが、朝方や昼間に遠い山などを眺めると、景色がぼやけて見えることがあります。

ところでよく似ている霞と霧と靄(もや)、どこが違うのでしょうか。霧は「微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態」、靄は「微小な浮遊水滴や湿った微粒子により視程が1km以上、10km未満となっている状態」という定義があります。それに対して霞は気象観測の定義がないので、気象用語としては使われないそうです。ますます、わかりにくくなってしまったかも・・・。

霧や靄はかかる、立ちこめるといいますが、霞はたなびくといいますね。日本人の繊細な感性がその違いを感じ取ってきたのでしょう。そして、夜になると霞とはいわず、朧(おぼろ)となります。空を見上げるとお月様が霞んで見えることがありますね。「朧月(おぼろづき)」と呼ばれる春のお月様です。

pixta_28302860_S.jpg

さて、各地で春の到来を告げる梅の花が咲く頃となりました。その凛とした姿に寒さがやわらいでいくのを感じます。梅は、「花よし、香りよし、果実よし」と三拍子揃った花木。しかも「松竹梅」でおめでたいものの一つとされています。全国に名所がたくさんあり、梅まつりも開催されています。訪れてみるのも良いですね。

【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【暮らしのまつり・遊び】梅の花・梅まつり
http://www.i-nekko.jp/matsuritoasobi/fuyu/umenohana/index.html
【暮らしの中の歳時記】梅・桃・桜の見分け方
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2017-021410.html

ページトップへ