日々の便り

2018年07月06日

五節供の一つ「七夕」。七夕料理は涼やかなそうめんで

7月7日は、五節供の一つ「七夕」。別名「笹の節供」「星祭り」といわれる七夕は、江戸時代に五節供の一つになり、今でも広く親しまれています。七夕の由来は、中国に伝わる織姫と彦星の星物語に始まります。どんなストーリーかは、こちらをご覧くださいね。
※【暮らしを彩る年中行事】五節供/七夕(たなばた):笹の節供
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/tanabata/
七夕といえば、どことなくロマンチックに感じますが、その由来を紐解いてみると、色々な文化が結びついていることがわかります。

pixta_31254581_S_02.jpg

七夕にぜひ食べたいのが「そうめん」。意外に知られていませんが、千年も前から七夕の行事食となっていました。節供に旬のものを食べ、邪気を祓ったり無病息災を願ったりする風習がたくさんありますが、夏においしいそうめんもそのひとつ。暑さで食欲が減退するこの時期にぴったりで、天の川や織姫の織り糸に見立てることもできます。七夕にそうめんを食べるようになった由来についてはこちらをご覧ください。
※【四季と行事食】七夕そうめん
http://www.i-nekko.jp/gyoujishoku/natsu/soumen/index.html

また、一般社団法人和食文化国民会議が推進している「五節供プロジェクト」では、五節供に和食を食べようということで、五色そうめんを始め、七夕の節供レシピを紹介しています。参考にされてはいかがでしょうか。
※「五節供プロジェクト」七夕サイト:http://gosekku-washoku.jp/shichiseki/

そして、7月7日は二十四節気の「小暑」。七十二候では「温風至(あつかぜいたる)」に入ります。文字通り夏の風が熱気を運んできます。「小暑」は暑さがだんだん厳しくなってくるという意味。「小暑」と「大暑」を合わせたおよそ1か月間を「暑中」といい、暑中見舞いを出すのもこの頃です。

【季節のめぐりと暦】二十四節気
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/nijyushisekki/
【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【暮らしを彩る年中行事】五節供/七夕
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/tanabata/
【四季と行事食】七夕そうめん
http://www.i-nekko.jp/gyoujishoku/natsu/soumen/index.html

ページトップへ