日々の便り

2018年10月12日

七十二候「菊花開」。仕立ても見事な「菊まつり」の和菊

10月13日からは七十二候の「菊花開(きくのはなひらく)」。菊の花が咲き始める頃です。旧暦では重陽の節供を迎える時期で、菊で長寿を祈願しました。重陽の節供と菊の花についてはこちらをご覧ください。
【暮らしを彩る年中行事】五節供/重陽
http://i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/chouyou/

菊は、桜と並んで日本を代表する花です。薬草として中国から日本に伝来し、日本で観賞用に改良を重ねられ、発展したのが「和菊」です。宮中など上流階級で愛好されていましたが、江戸時代には庶民の間にも普及し、観賞用として様々な品種が生まれました。

pixta_26201421_S.jpg

「仏花」のイメージが強いせいか地味な印象ですが、愛好家も多く、秋には全国で菊まつり、菊花展が開催されます。一株から何百もの花を一斉に咲かせたり、一輪を残してつぼみをすべて摘み取り見事な大輪を咲かせたりと、その栽培技術はびっくりするくらい高度です。
首都圏中心ですが、歴史ある菊花展をいくつかご紹介いたします。
【暮らしの中の歳時記】菊の名所と菊花展
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2017-101110.html

また、来春の花の準備をするなら今がその時期。球根の人気の定番といえばチューリップやムスカリ、クロッカスなどですが、ニホンスイセンもおすすめです。早咲き種で早いものは12月~1月頃から咲き始めます。厳しい寒さの中でも咲く姿から「雪中花(せっちゅうか)」とも呼ばれています。お正月の花として飾っても素敵ですね。

【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【暮らしを彩る年中行事】重陽
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/chouyou/
【暮らしの中の歳時記】菊の名所と菊花展
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2017-101110.html
【暮らしの中の歳時記】水仙
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2017-111510.html

ページトップへ