日々の便り

2019年05月04日

「端午の節供」は柏餅と粽(ちまき)でお祝い

5月5日は「端午の節供」。「こどもの日」として親しまれていますね。
端午の節供は五節供の一つです。もともとは古代中国で行われていた菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)で邪気祓いをする行事でしたが、奈良・平安時代に日本に伝わると「端午の節会」という宮中行事になりました。さらに日本古来の田植え前の行事「五月忌み」と結びつき、田植えの前に早乙女たちが菖蒲や蓬で穢れを祓う女性のためのまつりでもありました。その後、武士の時代になると「菖蒲」が「尚武」や「勝負」につながると考えられ、男の子の成長と立身出世を願うまつりとして定着しました。

pixta_29875480_S.jpg

こどもの日の食べものといえば「柏餅」と「粽(ちまき)」ですね。柏餅を包んでいるのは柏の葉。柏は新芽が出ないと葉が落ちないことから、「家系が絶えない」「子孫繁栄」につながる縁起の良いものとされています。粽は、中国の故事にちなみ、災いを避ける風習として中国から伝来したものです。詳しくはこちらをご覧ください。
【食の歳時記・旬の味】粽(ちまき)・柏餅
http://www.i-nekko.jp/gyoujishoku/haru/kashiwa/

また、この日は菖蒲湯に入るという習わしがあります。「端午の節供」は別名「菖蒲の節供」ともいわれるように、本来は菖蒲が主役の邪気祓い行事でした。5月5日にはぜひ、無病息災を願う菖蒲湯に入り、日本の風情を楽しんでみてください。

【暮らしを彩る年中行事】五節供とは・端午(たんご)
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/tango/
【暮らしの中の歳時記】菖蒲湯
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/tango/shobuyu/index.html.html
【食の歳時記・旬の味】粽(ちまき)・柏餅
http://www.i-nekko.jp/gyoujishoku/haru/kashiwa/

ページトップへ