日々の便り

2020年03月02日

風情たっぷり!ひな祭りの食べものを味わう

3月3日は「桃の節供」「ひな祭り」です。もともとは「上巳(じょうし)の節供」と言い、旧暦の3月の最初の巳の日に無病息災を願う厄払い行事で、女の子だけのものではありませんでした。後に女の子の人形遊びの風習と結びつき、ひな人形を飾って女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」になりました。

pixta_47869025_S.jpg

さて、お祝い事にはごちそうがつきものですが、ひな祭りといえば、菱餅やひなあられ、白酒。ちらし寿司や蛤の潮汁もあります。

それぞれに意味がありますが、たとえば、菱餅には赤・白・緑色の餅が重なっており、赤は魔除け、白は清浄、緑は健康と長寿の意味が込められており、「雪の下には新芽が芽吹き、地上では桃の花が咲いている」という春の情景も表しています。
白酒は江戸時代からの習わしで、本来は「桃花酒(とうかしゅ)」を飲んでいました。今は、お酒に桃の花びらを浮かべれば、手軽に桃花酒が楽しめます。お子様は、水やサイダーでやってみてください。
蛤の潮汁は、蛤などの二枚貝は対の貝以外ではぴったり合わないことから、相性のよい相手と結ばれて幸せになるようにとの願いが込められています。ひとつのお椀に二枚貝ひとつと2つの身を使い、開いた貝のそれぞれに実をのせるのが、ひな祭りならではの盛り付け方です。
そのほかの行事食にも、すべて意味があるので、ひな祭りならではの味や思いを楽しんでみてください。

【旬の味覚と行事食】ひな祭りの行事食
http://www.i-nekko.jp/gyoujishoku/haru/
【暮らしを彩る年中行事】五節供/上巳
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/jyoushi/

ページトップへ