日々の便り

2020年07月21日

二十四節気「大暑」。「苦瓜」料理で食欲増進、疲労回復

7月22日は二十四節気の「大暑」。最も暑さが厳しいころという意味です。しかし、梅雨明けもまだで、大雨の被害も甚大でした。新型コロナ感染拡大も心配され、厳しい夏になりそうです。
本来ならば明日から東京五輪の晴れ舞台が始まる予定でした。一年後には、晴れやかな気持ちでその日を迎えたいと願わずにはいられません。

七十二候では、「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」に入ります。桐の花が実を結び始める頃。桐は成長が早いので、昔は女の子が生まれると庭に桐を植え、結婚するときにそれで箪笥を作ったりしたそうです。また、古来より鳳凰の止まる神聖な木とされ、家紋や紋章のデザインにも多く取り入れられています。

pixta_44905705_S.jpg

また、蒸し暑いこの季節に食べたくなる野菜のひとつが「苦瓜」。ゴーヤーと呼ばれることの方が多いかもしれませんね。あの独特の苦みが苦手の人もいますが、苦みこそがこの野菜の特徴です。食欲増進、疲労回復などに役立ち、下ごしらえをきちんとすれば様々な料理に活用できます。
苦瓜を選ぶときのポイントや、下ごしらえについてご紹介しています。

【旬の味覚と行事食】苦瓜
http://www.i-nekko.jp/mikaku/mikaku_natsu/2020-072010.html
【季節のめぐりと暦】二十四節気
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/nijyushisekki/
【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/

ページトップへ