日々の便り

2021年01月31日

春の芽吹きを感じる「如月」。「節分」の行事を楽しもう。

2月の和風月名は「如月(きさらぎ)」。中国での2月の異称「如月」を、日本で「きさらぎ」と読むようになったといいます。「きさらぎ」の由来は、寒さで衣を更に重ねて着ることから、「衣更着(きさらぎ)」というようになったという説が有力ですが、その他にもいろいろな説があります。気候が陽気になるので「気更来(きさらぎ)」「息更来(きさらぎ)」、草木が生えはじめるから「生更木(きさらぎ)」など様々ですが、どの説をみても、寒さの中にも春の訪れを感じる繊細さが感じられますね。

さて、2月2日は雑節のひとつ「節分」です。2021年の立春は2月3日なので、立春の前日の2日が節分となります。しばらく続いた3日から2日になるのは124年ぶりです。
本来は立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれ前日が「節分」で年に4回ありますが、旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分は大晦日のようなもの。というわけで、節分といえば立春の前日を指すようになりました。

pixta_3785626_S.jpg

節分といえば「豆まき」ですね。豆まきには、新しい年を迎えるために、邪気払いをするという意味があります。豆まきで使われる豆は、五穀の中でも穀霊が宿るといわれる大豆です。豆が「魔滅」、豆を煎ることで「魔の目を射る」ことに通じるため、煎った大豆を使い、これを「福豆」といいます。

最近は、豆まきに落花生を使うという方も増えています。北海道や東北、信越地方など雪の多い地域や、九州の一部では以前から落花生をまいていたそうです。理由としては、まいた後の片づけが簡単とか、殻付きで拾って食べるのに衛生的、近くに落花生の産地があるから、などの理由があげられています。

古くからの風習も時を経て様変わりしていくことはたくさんありますね。
「恵方巻」もそのひとつ。もともとは大阪発祥ですが、今では全国区。ちなみに今年は「南南東やや南」が恵方で、そちらを向いて食べると良いそうです。

【季節のめぐりと暦】和風月名
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/zassetsu/wafuugetumei/
【季節のめぐりと暦】節分
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/zassetsu/setubun/
【旬の味覚と行事食】節分の行事食
http://www.i-nekko.jp/shoku/2016-020110.html

ページトップへ