知っていると、素敵な暮らしにちょっと役立つ歳時記情報です。

暮らしの中の歳時記

カテゴリ一覧を見る

2012年10月01日

浴衣の洗い方・しまい方

夏の間、活躍してくれた浴衣を、来年もきちんと着られるように、お手入れをしてしまっておきましょう。

 

浴衣後姿.pngのサムネイル画像

 


■準備
洗濯表示をチェックしましょう。
水洗い不可のもの、本麻染めなどの高級品はクリーニングに出したほうが無難です。
それ以外のものは家で洗えます。手洗いが基本ですが、洗濯機でも次のことに注意すれば洗えます。

 


■洗う
1.衿がよれないように、2本取りの木綿糸でざっとしつけをかけます。
2.汚れが落ちやすくなるよう、汚れの部分に洗剤をかけておきます。
 食べこぼしの汚れ ⇒ 部分洗い専用洗剤
 汗やホコリ ⇒ 中性洗剤の原液
3.汚れが外に出るように3つか4つに折りたたみ、洗濯ネットに入れます。洗濯機の「手洗い」モードか、なければ「弱流」を選んで中性洗剤で水洗いします。色落ちすることがあるのでお湯はNGです。

 


■乾かす
1.1分ほど脱水したら、シワがよらないようにすぐに広げます。
2.裏返して和装ハンガーにかけるか、2本の物干し竿にかけわたして、風通しのよい所で陰干しにします。
3.乾いたら、衿のしつけを取って、洗濯表示に従ってアイロンをかけます。

 


■しまい方


浴衣置き.pngのサムネイル画像

 

1.スチームアイロンの場合、十分湿気を乾かしてから本だたみにして、畳紙(たとうし)に包みます。
2.小物も一緒に収納しておくと、来シーズンすぐに着用できて便利です。また、昔は防虫効果のあるウコン染の風呂敷で包んでいたので、こうした昔ながらの知恵を取り入れてみても良いでしょう。

 


こちらもあわせてご覧ください。
【季節の行事】衣替え

ページトップへ