歳時記にまつわる食の情報と、今も伝わる旬の味わいなどをご紹介します。

食の歳時記・旬の味

カテゴリ一覧を見る

2017年02月03日

お事汁

12月8日、2月8日の「事八日(ことようか)に、無病息災を祈って食べる野菜たっぷりのみそ汁が「お事汁」です。
おこと汁は別名「六質汁(むしつじる)とも呼ばれ、元々は芋、大根、にんじん、ごぼう、小豆、こんにゃくの6種類の具を入れて作ったみそ汁です。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、寒い季節に体の芯から温まる伝統の健康長寿食といえますね。
地方によって、入れる具材はいろいろあるようですが、一例をご紹介します。

 

お事汁2.jpg

画像提供:「いであ株式会社 お天気レシピ」

http://recipe.bioweather.net/

 

 

■お事汁の作り方

【材料】(2人分)
里芋  2個
大根  10cm
にんじん  1/2本
ごぼう(細) 1本
小豆   大さじ2
こんにゃく  1/2枚
カツオのだし汁  3カップ
みそ   大さじ4 
あさつき  適量


① 里芋はよく洗って皮をむき、厚さ2cmの輪切りにする。
② 大根は皮をむき、厚さ1cmのいちょう切りにする。
③ にんじんは皮をむき、厚さ5mmの半月切りにする。
④ ごぼうは皮をこそげ、食べやすい大きさの乱切りにする。
⑤ 小豆はさっと水で洗う。
⑥ こんにゃくは熱湯でさっとゆでてアクを抜き、一口大に手でちぎる。
⑦ 鍋に①から⑥の具を入れ、だし汁を注ぎ入れ火にかける。
   沸騰したら弱めの中火にして、具が柔らかくなるまで25分ほど煮る。
⑧ 具が煮えたら、みそを溶き入れ火を止める。
⑨ 器に盛り、あさつきを添える。


野菜はお好みでいろいろ加えてみましょう。
れんこんなどの旬の根菜がおすすめです。

 


こちらもあわせてご覧ください。
【季節の行事】事始め・事納め


 

ページトップへ