日々の便り

2017年07月06日

五節供の一つ「七夕」。七夕料理は涼やかなそうめんで

7月7日は、五節供の一つ「七夕」。別名「笹の節供」「星祭り」といわれる七夕は、江戸時代に五節供の一つになり、今でも広く親しまれています。
七夕の由来は、中国に伝わる織姫と彦星の星物語に始まります。七夕といえば、どことなくロマンチックに感じますが、その由来を紐解いてみると、色々な文化が結びついていることがわかります。どんなラブストーリーかは、こちらをご覧くださいね。
※七夕(たなばた):笹の節供
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/tanabata/

pixta_19012495_S.jpg

また、あまり知られていませんが、七夕の行事食は「そうめん」です。その由来は、古代中国で7月7日に亡くなった子どもの霊を鎮めようと、その子の好物だった、縄で編んだような形の小麦粉のお菓子「索餅(さくべい)」を供えたことに始まります。奈良時代に、索餅とこの伝説が日本に伝わり、索餅を食べて無病息災を祈る七夕の風習が生まれました。この索餅が、そうめんの原型といわれ、七夕にはそうめんを食べるようになりました。暑い季節にぴったりのそうめん。天の川や織姫の織り糸に見立てることもできますね。

そして、7月7日は二十四節気の「小暑」。七十二候では「温風至(あつかぜいたる)」に入ります。文字通り夏の風が熱気を運んできます。「小暑」は暑さがだんだん厳しくなってくるという意味。もうすぐ梅雨が明け、夏本番がやってきますね。「小暑」と「大暑」を合わせたおよそ1か月間を「暑中」といい、暑中見舞いを出すのもこの頃です。

【季節のめぐりと暦】二十四節気
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/nijyushisekki/
【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【暮らしを彩る年中行事】五節供/七夕
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/tanabata/
【四季と行事食】七夕そうめん
http://www.i-nekko.jp/gyoujishoku/natsu/soumen/index.html

ページトップへ