暮らしを彩る年中行事

私たちの暮らしは、様々な年中行事で彩られています。年中行事には、お正月や五節供のように貴族や武家の儀式からきているものや、節分や彼岸のように暮らしに深くかかわる雑節から生まれたものなどがありますが、いずれも文化や季節感を大切にし、行事を通じて日本の心が養われるものばかりです。

こうした日を「ハレ」(非日常)と呼び「ケ」(日常)と区別しますが、「ハレ」の日を過ごすことで心身に潤いを与えて「ケ枯れ」を防ぎ、明日への活力にしてきたのです。

また、ひとつひとつの行事には深い意味が込められています。毎年同じ時に同じような経験を重ね、他の人と共有できる体験をして、自分をとりまく様々な物事に気づくことで、心豊かに過ごせるはず。暮らしを彩る年中行事は、人生を彩る行事でもあるのです。

それぞれの行事の意味を知る

・お正月
お正月の由来
新年を迎える準備
お正月の食べもの
お正月の風物
・五節供
人日(じんじつ):1月7日 七草の節供
上巳(じょうし):3月3日 桃の節供
端午(たんご):5月5日 菖蒲の節供
七夕(たなばた):7月7日 笹の節供
重陽(ちょうよう):9月9日 菊の節供
・お花見
・お盆
・お月見
・その他の行事
初午(十二支の中の「初」祭事)
事始め・事納め
針供養
灌仏会
ゴールデンウィーク
母の日と父の日
夏越の祓
敬老の日
勤労感謝と新嘗祭
・ハレとケ
・十二支と方位

当サイトに記載の行事については「行事インデックス」で一覧が可能です。 また、特定の行事についてお探しの場合は、各ページ右上のサイト内検索機能をご利用ください。

季節のめぐりと暦

ページトップへ

Menu

暮らし歳時記 Facebook