日々の便り

2020年04月03日

春爛漫の二十四節気「清明」。つばめが到来する「玄鳥至」

4月4日は二十四節気の「清明」。「清浄明潔」の略で、万物がけがれなく清らかで生き生きしているという意味です。すべてのものが春の息吹・・・

続きを読む

2020年03月31日

春爛漫の「卯月」。タンポポや土筆(つくし)も揺れる時季

春爛漫の4月。和風月名は「卯月」で、空木(うつぎ)の花(卯の花のこと)が咲く季節なので、「卯の花月」を略して「卯月」という説が有力・・・

続きを読む

2020年03月29日

七十二候「雷乃発声」。新生活にも役立つ、みその基礎知識

3月31日から、七十二候では「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」に入ります。冬の間は鳴りを潜めていた雷が、遠くの空でゴロゴ・・・

続きを読む

2020年03月24日

七十二候「桜始開」。桜にまつわる美しいことばで風流に

3月25日から、七十二候では「桜始開(さくらはじめてひらく)」になります。桜の花が咲き始める頃という意味で、桜の季節の到来です!今・・・

続きを読む

2020年03月19日

二十四節気「春分」。七十二候では、すずめが巣を作り始める「雀始巣」

3月20日は春分の日で、二十四節気の春分に入ります。春分の日は、昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日を境に昼の時間が少しずつのびて・・・

続きを読む

2020年03月16日

彼岸の入りとは? なぜお彼岸にお墓参りをするの?

3月17日は彼岸の入りです。最近は、お彼岸は年に2回あることや、彼岸がいつなのかを知らない方が増えているそうです。お彼岸に際し、基・・・

続きを読む

2020年03月14日

七十二候「菜虫化蝶」。蝶の縁起とは? 十六団子、春社の風習って?

3月15日から七十二候では「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」。青虫がモンシロチョウになる頃という意味です。「菜虫」とは大根やカブ、・・・

続きを読む

2020年03月09日

七十二候「桃始笑」。山笑う春の到来!「梅、桃、桜」の見分け方

3月10日から七十二候の「桃始笑(ももはじめてさく)」になります。桃の花が咲き始める頃という意味で、花が咲くことを「笑う」と表して・・・

続きを読む

2020年03月04日

二十四節気「啓蟄(けいちつ)」。ほろ苦い山菜でからだも目覚める

3月5日は二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」。七十二候でも「蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)」に入ります。大地が温かくなり、冬ご・・・

続きを読む

2020年03月02日

風情たっぷり!ひな祭りの食べものを味わう

3月3日は「桃の節供」「ひな祭り」です。もともとは「上巳(じょうし)の節供」と言い、旧暦の3月の最初の巳の日に無病息災を願う厄払い・・・

続きを読む

記事一覧を見る

ページトップへ