日々の便り

2024年01月15日

小正月は、どんど焼きで「正月事じまい」

1月15日は小正月。旧暦の1月15日は立春後の望月(もちづき:満月のこと)にあたり、大昔にこの日を正月としていたなごりで、元日を「・・・

続きを読む

2024年01月11日

「鏡開き」で無病息災。「おしるこ」と「ぜんざい」の違いは?

七十二候では、1月11日から「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」に入ります。凍った泉の下で水が動き始める頃。かすかなあたたかさを愛・・・

続きを読む

2024年01月07日

「人日の節供」には、七草粥を食べて無病息災

1月7日は「人日(じんじつ)の節供」。"人日"とは文字通り "人の日"という意味です。古代中国では1月7日に「人」の運勢を占い、七・・・

続きを読む

2024年01月06日

寒さが厳しくなる「小寒」。「寒中見舞い」はこの時期に

1月6日は二十四節気の「小寒」。池や川の氷も厚みを増し、寒さが厳しくなる頃です。小寒と大寒を合わせたおよそ1か月を「寒中」「寒の内・・・

続きを読む

2024年01月01日

令和6年のお正月。新年の希望を抱いて拝む「初日の出」

明けましておめでとうございます。2024年(令和6年)のお正月を迎えました。「正月」の「正」の字には「年のはじめ」「年があらたまる・・・

続きを読む

2023年12月31日

煩悩を払う除夜の鐘、年越しそばで新年に向かう

12月31日は「大晦日」。月末最後の日を晦日(つごもり、みそか)と呼ぶので、一年最後の晦日を「大つごもり」ともいいます。年越しの風・・・

続きを読む

2023年12月30日

不老長寿を願う薬酒「お屠蘇(とそ)」のいただき方は?

元日の朝、家族揃って新年のあいさつを済ませたら、まずいただくのがお屠蘇。御神酒(おみき)と同じ清酒のように思われがちですが、漢方薬・・・

続きを読む

2023年12月29日

「祝い箸」は「神人共食」のためのおめでたい箸

おせち料理やお雑煮をいただくときは、普段使いのお箸ではなく、「祝い箸」を使います。祝い箸は、末広がりの八寸(約24cm)で縁起がよ・・・

続きを読む

2023年12月28日

幸せを願う「おせち料理」のいわれ

おせち料理は、正月に年神様にお供えする縁起物の料理ですから、料理の一つ一つにも縁起の良いいわれがあります。難しいものではないので、・・・

続きを読む

2023年12月27日

七十二候「麋角解」。年神様に供える「おせち料理」の由来

12月27日から七十二候の「麋角解(さわしかのつのおつる)」になります。「麋」は大鹿のことです。鹿の雄は春に角が生えはじめ、冬のこ・・・

続きを読む

記事一覧を見る

ページトップへ