日々の便り

2017年07月16日

七十二候「鷹乃学習」。第3月曜日は「海の日」

7月17日から七十二候の「鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)」。鷹の子が飛ぶ技を覚え、巣立ちを迎える頃です。

日本で鷹といえば大鷹をさすことが多いようです。南西諸島などを除く日本各地に生息し、山地の森林や里山の森などで繁殖します。4~5月頃に産卵、5~6月頃に孵化し、孵化した雛は1か月ほどで親鳥と同じぐらいの大きさとなり、6~7月には巣立ちの準備を始めます。飛び方を覚え、狩りを学んで1か月もすると、親のもとから巣立っていきます。

pixta_16795831_S.jpg

日本に生息する猛禽類の中で食物連鎖の頂点に立つのが大鷹。からだの大きさはカラスと同じくらいですが、鳩やムクドリなどの鳥を空中で捕えて食べます。その狩猟能力の高さから、古くから鷹狩りに利用されてきました。

さて、7月の第3月曜日は国民の祝日「海の日」です。「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としています。せっかくの休日ですから海で過ごすのも良いですね。古くは医療目的で行われていた海水浴ですが、今では夏のレジャー。海水浴の歴史や、海水浴を快適に楽しむポイントをご紹介します。

【暮らしの中の歳時記】海水浴
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2017-070410.html
【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/

ページトップへ