日々の便り

2018年06月29日

「夏越の祓」、茅の輪くぐりと夏越ごはんで無病息災

6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)」が行われます。「夏越の祓」は大晦日に行われる「年越の祓」とともに「大祓」のひとつ。この2つは対になる行事で、心身を清めて今年後半や新しい年を迎えるためのもの。大晦日の年越し行事のような派手さはありませんが、「夏越の祓」も大切な節目の行事とされています。

全国の神社では、「茅の輪くぐり」用の大きな茅の輪を設置して「夏越の祓」を行います。チガヤで編んだ大きな茅の輪を「水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と唱えながら左・右・左回りで3回くぐり、無病息災を祈願します。「茅の輪を腰につけると疫病を逃れる」という言い伝えにちなみ、大きな茅の輪を全身でくぐるようになったそうです。この他にも、「形代(かたしろ)」という紙製の人形(ひとがた)に穢れを移して神社に納め、お祓いをする習わしがあります。

夏越ごはんプロトタイプ_s.jpg

また、最近は「夏越ごはん」という新しい行事食が注目されています。夏越の祓ゆかりの蘇民将来の故事にちなみ、雑穀ごはんに色鮮やかな夏野菜を使ったかき揚げをのせ、さっぱりとしたタレでいただくというもの。現代の食生活に「夏越ごはん」を行事食として根付かせ、1年の後半を新たな気持ちでスタートしようと米穀安定供給確保支援機構が2015年から提唱しています。季節感たっぷりのごはんメニューで、蒸し暑いこの時期に元気が出そうな行事食です。専用サイトでレシピ動画が公開されています。

米穀安定供給確保支援機構  米ネット
「夏越ごはん」サイト:http://www.komenet.jp/nagoshigohan/

【暮らしを彩る年中行事】夏越の祓
http://i-nekko.jp/nenchugyoji/sonohoka/nagoshi/index.html

ページトップへ