日々の便り

2018年12月16日

子どもの健やかな成長を願う羽根つきと羽子板

12月17日から七十二候の「鱖魚群(さけのうおむらがる)」。鮭が群がって川を上る頃という意味です。海で育った鮭は、冬になると産卵のため生まれ故郷の川に戻り、上流を目指し群れを成して遡上します。鮭の群が流れに逆らい、一気に川を上ろうとする様子には、昔の人々も自然の神秘を感じたに違いありません。

さて、12月も半ばを過ぎると各地で「歳の市」が行われ、正月飾りなどの正月用品、羽子板、だるまなどの縁起物が売られます。
東京・浅草の浅草寺では、毎年12月17日・18日・19日に羽子板市が行われ、境内にはたくさんの羽子板の出店が立ち並びます。18日は観音様の縁日で、納めの観音詣の日でもあり、大勢の人が参詣に訪れます。

pixta_513869_s羽子板.jpg

ところで、年の瀬に羽子板市が立ったり、正月に羽根つきをしたりするのはどうしてでしょうか。実は、羽根つきは単なる遊び、玩具としてだけでなく、厄払いの意味を持っています。羽根についているムクロジの実は、「無患子」と書くことから子どもが患わない(病気にならない)とされ、羽根を、病気を運ぶ蚊の天敵であるトンボに見立て、1年の厄を払いのけるとされました。羽根を打ち損じると顔に墨を塗るというのも、魔よけのおまじないなのです。

江戸時代には、女の子の健やかな成長を祈って、初正月に羽子板を贈るようになりました。現代でも、男の子が生まれた家には破魔弓、女の子が生まれた家には羽子板を贈るという習慣があります。江戸所縁の浅草寺羽子板市で、子どもの健やかな成長を願って、素敵な羽子板を買ってあげるのも良いですし、見物するだけでも楽しそうです。

【季節のめぐりと暦】七十二候
http://i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【暮らしを彩る年中行事】お正月
http://i-nekko.jp/nenchugyoji/oshougatsu/
【暮らしの中の歳時記】羽根つきと羽子板
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2018-121110.html

ページトップへ