日々の便り

2021年02月02日

「立春」から一年のスタート。「立春大吉」で厄よけのおまじない

2月3日は二十四節気の最初の節気「立春(りっしゅん)」です。立春から立夏(2021年は5月5日)までが暦の上での春。まだ寒い日が続いているので春本番が待ち遠しいですね。
旧暦では立春近くに正月がめぐってきたので、立春が一年のスタートのとき。寒い時期の正月に「迎春」「新春」などのことばが使われるのはそのためです。「八十八夜」「二百十日」などの雑節も、立春が起点になっています。
立春の早朝、禅寺では厄よけのために門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があります。この文字は縦書きにすると左右対称になることから、縁起が良く一年間災難にあわないというおまじないになりました。厄よけとして「立春大吉」の紙札を貼る家もあります。

pixta_49353971_S.jpg

また、七十二候では「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」になります。「東風(こち)」とは春風を表すことばで、春の風が川や湖の氷を解かし始める頃という意味です。ただ、春はやさしいそよ風ばかりではありません。立春から春分の間に初めて吹く強い南風を「春一番」といいます。気象庁では春一番に定義があり、関東地方の場合、風速8m以上の春風が吹き、前日より気温が上がったときにこの名を使います。もともとは漁師が使っていた風を表すことばのひとつで、竜巻などの突風を伴う強風です。やさしげな響きとは裏腹に、実は荒天に注意を促すことばなのです。

【季節のめぐりと暦】二十四節気/立春
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/nijyushisekki/risshun/
【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/

ページトップへ