日々の便り

2019年08月12日

お盆は先祖の霊の里帰り。鳴いているのは何蝉?

8月15日は月遅れのお盆で、8月13日はお盆の入りです。お盆の内容は多様ですが、一般的には、盆棚を設え、お墓参りに行って、先祖の霊を招くために迎え火を焚きます。
夕暮れの頃、玄関前や門前でオガラを燃やす習わしがありますが、オガラとは麻の茎の皮をむいたもので、オガラの煙に乗って先祖がやってくるといわれています。まずは火を拝み、外から内へまたぐようにして家に入る風習もあります。ちなみにオガラの燃えさしをタンスに入れておくと、衣服に困らなくなるともいわれています。

pixta_15190178_S.jpg

さて、8月13日から七十二候では「寒蝉鳴(ひぐらしなく/かんせんなく)」になります。「寒蝉」とは秋を告げる蝉のことで、蜩(ひぐらし)が鳴き始めるという意味。蜩が「カナカナ・・・」と鳴くのは、日の出前や日の入り後など薄暗い時間帯。夕暮れに鳴くので「日暮し」と呼ばれるようになったそうです。
迎え火を焚く頃、どこからともなく聞こえる蜩の声は、ちょっと切なく聞こえます。

【暮らしを彩る年中行事】お盆
http://www.i-nekko.jp/gyoji/2018-080810.html
【暮らしを彩る年中行事】お盆/迎え盆と精霊送り
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/obon/mukaebon/
【暮らしを彩る年中行事】薮入り
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/obon/yabuiri/
【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【暮らしの中の歳時記】蝉の声
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2018-080810.html

ページトップへ