日々の便り

2019年08月31日

災害への警戒を促す「二百十日」と「風の盆」

9月の和風月名は「長月(ながつき)」。新暦の10月から11月の上旬にあたり、夜がだんだんと長くなる「夜長月(よながづき)」が略されて「長月」となったといわれていますが、秋雨が多く降る時期なので「長雨月(ながめつき)」、稲穂が伸びて実るので「穂長月(ほながづき)」が略されたとする説や、「稲熟月(いねあがりづき)」がなまったという説もあります。

さて、9月1日は雑節の「二百十日」にあたります。昔から、立春から数えて210日目を「二百十日」、220日目を「二百二十日」といい、台風などの悪天候を警戒してきました。この時期はいよいよ稲が実り、穂を垂らす頃でもあり、七十二候でも3日から「禾乃登(こくものすなわちみのる)」に入ります。秋の収穫を目前にしての台風の襲来は一大事。油断のならないこの日を、過去の経験から厄日として戒めるようになりました。

pixta_12340648_S.jpg

また、この時期、収穫を間近に控えた大切な農作物が風水害などにあわないよう、各地で風を鎮めるための祈りを込めた祭りが行われます。なかでも、9月1日から3日まで行われる富山県富山市八尾町の「おわら風の盆」は、300年の伝統をもつといわれる代表的な風鎮めの祭りです。坂の町・八尾の古い街並みにぼんぼりの灯がともり、哀愁をおびた胡弓の音色が響いて、「越中おわら節」にのせて編み笠をかぶった男女が踊り歩く姿は幻想的。独特の風情が人気を呼び、小説や歌にも数多く登場しています。

また、9月1日は「防災の日」。「防災の日」は1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなみ1960年(昭和35年)に制定されました。非常持ち出し袋の点検や、家族との連絡方法、避難所、避難経路、家族との待ち合わせ場所など、万が一に備えてぜひ確認しておきましょう。

【季節のめぐりと暦】和風月名
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/zassetsu/wafuugetumei/
【季節のめぐりと暦】雑節/二百十日と二百二十日
http://www.i-nekko.jp/gyoji/2018-082310.html
【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【季節の行事】おわら風の盆
http://www.i-nekko.jp/gyoji/2018-083010.html

ページトップへ