日々の便り

2020年04月13日

七十二候「虹始見」。春は花盛り「藤」「芝桜」

4月14日から七十二候の「虹始見(にじはじめてあらわる)」になります。冬の間、乾燥していた大気が潤うようになり、雨上がりの空に虹がかかるようになるという意味です。淡く、消えやすい春の虹も次第にくっきりとしてきます。

その虹の色を日本人は7色と表現しますが、世界には6色、5色、さらにはたった2色と捉えるところもあるそうです。同じ虹を見ているのに、どうしてでしょうか。詳しくはこちらをご覧くださいね。
【暮らしの中の歳時記】虹は何色?(リンク)
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2018-040910.html

pixta_30963781_S.jpg

また、そろそろ藤や芝桜が見頃を迎えます。
藤の花は、マメ科のつる性落葉樹で、藤棚から長く垂れさがるうす紫色の花房は美しく、風に揺れる花房からは甘い香りが漂います。多くの園芸品種があり、現在では世界各地で植えられていますが、日本で「藤」といえば、通常は「野田藤(ノダフジ)」を指し、樹齢何百年といわれる藤の名所も多くあります。

芝桜は、北アメリカ原産の多年草。茎が横に這うように広がり、春には赤やピンク、白、紫などの小さな花を咲かせ、花の形が桜に似ているので「芝桜」と呼ばれます。
株いっぱいに花がつき、満開ともなると花のじゅうたんを敷き詰めたようになるので、色違いの花を組み合わせて花畑に絵を描いたり、グランドカバーとして土手などに植えたりと広く利用されています。

【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【暮らしのまつり・遊び】虹は何色?
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2018-040910.html
【暮らしのまつり・遊び】藤
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2018-041310.html
【暮らしのまつり・遊び】芝桜
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2018-042410.html

ページトップへ