日々の便り

2021年03月19日

二十四節気「春分」。七十二候では、すずめが巣を作り始める「雀始巣」

3月20日は春分の日で、二十四節気の春分に入ります。春分の日は、昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日を境に昼の時間が少しずつのびていきます。
春分の日を中日とした7日間が春彼岸で、「暑さ寒さも彼岸まで」というように、春めいた日が多くなっていきます。

この時期に咲く花のひとつに牡丹があります。大きくて華やかな牡丹の花は、春の日差しの中でひときわ印象的ですね。
この牡丹の花にちなんで名づけられた「ぼたもち」は、春彼岸の食べものとしても親しまれています。お彼岸の食べものといえば「おはぎ」もありますが、ぼたもちとおはぎは基本的に同じ和菓子で、季節によって呼び分けるようになったそう。季節感を大事にする日本の文化を感じますね。
【旬の味覚と行事食】おはぎ・ぼたもち
http://www.i-nekko.jp/shoku/2018-052711.html

pixta_6895996_S.jpg

また、七十二候では「雀始巣(すずめはじめてすくう)」になります。すずめが巣を作り始める頃で、多くの小鳥たちが繁殖期を迎えます。
すずめは収穫期に稲を荒らすことから、害鳥とみなされることもありますが、春から夏は稲につく有害な虫を食べてくれます。ちゅんちゅんと鳴きながら落ち着きなく飛び回る姿は愛らしくもあり、暖かな日差しをあびて無邪気に遊んでいるかのように見えます。

そして3月21日は雑節のひとつ、春の社日(しゃにち)です。今はあまり馴染みがありませんが、春分と秋分に最も近い戊(つちのえ)の日を「社日」といい、雑節のひとつとして親しまれていました。春の社日は「春社」と呼ばれ、種まきのころの節目として五穀の種子を供えて豊作を祈り、秋の社日は「秋社」と呼ばれ、収穫の時期の節目として、初穂を供えて収穫を感謝する習わしがあったそうです。

【季節のめぐりと暦】雑節/彼岸
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/zassetsu/higan/
【季節のめぐりと暦】二十四節気
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/nijyushisekki/
【季節のめぐりと暦】七十二候
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/shichijyuunikou/
【暮らしの中の歳時記】すずめ
http://www.i-nekko.jp/kurashi/2019-032210.html
【旬の味覚と行事食】おはぎ・ぼたもち
http://www.i-nekko.jp/shoku/2018-052711.html
【季節のめぐりと暦】雑節/社日
http://www.i-nekko.jp/meguritokoyomi/zassetsu/shajitsu/

ページトップへ